top of page

​白鷺城の容姿は
岡田武彦先生の
心のシンボル

​岡田武彦先生のご紹介

​哲学者 岡田武彦と陽明学 岡田武彦/陽明学者/簡素の精神 崇物論

 姫路は国宝・姫路城と人間国宝・桂米朝さんで有名ですが、哲学者で陽明学者の岡田武彦先生も有名です。岡田武彦先生(1908~2004)は元九州大学名誉教授で王陽明研究の第一人者であり中国哲学者、陽明学者、及び多くの著作物を出版された著作家でした。先生は王陽明の墓の復建に尽力をされた方で、世界的に王陽明研究で有名な儒学者です。朱子学は理学、陽明学は心学、先生は身学を提唱されました。先生は大学時代に楠本正継教授に師事されています。

 姫路藩には賢人で家老の河合寸翁がおりました。彼は藩政改革を行い70万両の借財を解決し、藩主からその功により仁寿山を褒美に貰い受けました。その山の麓に「人材は宝」として人材養成学校の仁寿山校を創立しました。家老・河合寸翁は崎門学派の儒学者でしたが、岡田武彦先生も崎門学派の儒学者でした。

岡田武彦

​岡田武彦  呉端氏 撮影

 岡田武彦先生は兵庫県姫路市白浜村字中村(現代の白浜町中村)にて明治41年(1908)に出生されました。先生は旧制姫路中学校、旧制姫路高等学校文科を経て、九州帝国大学法文学部に進学し、支那哲学史を専攻されて昭和9年(1934)に卒業されました。

 

大学卒業後は富山県、宮崎県、福岡県の県立中学校教諭、長崎師範学校教諭、熊本陸軍幼年学校教官を経て、昭和24年(1949)九州大学助教授、昭和33年(1958)九州大学の教授になられました。昭和35年(1960)文学博士、昭和41年(1966)米国・コロンビア大学客員教授、昭和44年(1969)九州大学教養部長を経て昭和47年(1972)九州大学を定年退官された後、中華学術院栄誉哲士と九州大学名誉教授となられました。その後は、昭和47年(1972)西南学院大学文学部教授、昭和52年(1977)活水女子短期大学教授、昭和57年(1982)活水女子大学文学部教授として活躍され平成元年(1989)三月(80歳)に退官されました。

そして、1986年~1996年の間、王陽明の遺跡探訪の旅や本場中国の学者との交流も深められ、王陽明の遺跡修復にも精力的に取り組まれました。また、世界の学者を招き、平成6年(1994)福岡で「東アジアの伝統文化国際会議」と平成9年(1997)京都で「国際陽明学京都会議」を開催するなど陽明学研究の同士に希望と感動を与えました。著述の傍ら地元福岡では「思遠会」「東洋の心を学ぶ会」「簡素書院」、及び全国の市民講座で多くの人々に向けた王陽明の『伝習録』や中国古典、及び自説の「身學説」「兀坐説」「簡素の精神」などの講義を行い東洋の心を教授されました。

 

昭和56年(1981)に勲三等旭日章叙勲、平成12年(2000)西日本文化賞(学術部門)を受賞されています。平成16年(2004)10月17日に福岡市の自宅にて逝去されました。享年95歳でした。

 

 主な著書は『王陽明と明末の儒学』『宋明哲学の本質』『簡素の精神』『王陽明紀行』『東洋の道』『楠本端山』『東洋のアイデンティティ』『山崎闇斎』『貝原益軒』『孫子新解』『王陽明小伝』『岡田武彦全集』『ヒトは躾で人となる』『崇物論-日本的思考-』など多数出版されています。詳細は「著作・論文」コーナーを参照してください。

 主な称号・役職などは、九州大学名誉教授/中華学術院栄誉哲士/二松学舎大学客員教授/東方学会(日本)名誉会員/日本中国学会顧問/九州中国学会会長/国際陽明学研究中心(中国浙江省社会科学院)学術顧問及び名誉研究員/孔子文化大全編輯部(中国)学術顧問/世界孔子大学籌建会(中国)名誉籌建主委・永久名誉校長/孔子大同礼金籌建会(中国)名誉籌建主委・永久名誉主委/国際儒学聯合会(中国)顧問/李退渓学会(韓国・日本)顧問/李退渓国際学術賞審査委員。​

自宅での岡田武彦 ロドニー・テーラー撮影

​自宅での述者(ロドニー・テーラー コロンビア大学教授撮影)

IMG_5872.jpg

​岡田武彦先生追想録『崇物の道』

​画像をクリックするとYouTubeで動画が見れます。

岡田武彦先生追想録『崇物の道』、岡田武彦先生の人と学問

​岡田武彦先生追想録

​①崇物の道 ②岡田武彦先生の人と学問
​(映像制作者:京都フォーラム 矢崎勝彦)

背景は岡田武彦先生が生まれ育った灘地区(白浜町中村含む)
仁寿山山頂から撮影

​岡田武彦 述 『わが半生・儒学者への道』

『わが半生・儒学者への道』の書籍

日本の学友協力で王陽明遺跡探訪と王陽明の遺跡修復、及び記念碑の建立、

王陽明史跡龍場探訪・王陽明墓碑除幕式参列訪中団

中国の学者との交流​、及び成人教育責任者との交流の写真

中国の学者と成人教育責任者との交流

1.青年期に世の中の矛盾を考える様になる

 岡田武彦先生の先祖は姫路藩の儒医で七代続いた医師の家系でした。岡田先生の父は播磨聖人と称されていた亀山雲平先生の塾で学んだ人です。儒教に薫陶された強い道義的精神の持ち主で温厚篤実で寡黙な人でした。薄給で家庭も貧しかったのですが、貧しい人の税の支払いや上司の接待費の肩代わりをして支払いを行っていたそうです。村民からは白浜聖人と言われていました。その様な家庭環境でしたので、岡田先生は小学校3年生から朝夕、工場で働かれていたそうです。父も兄も立派な人格のある敬愛する人達でしたが、家庭は苦しく、兄の結核病や姉が他界したことなど、長兄が願う父の酒が止まらず父と長兄との間の重苦しい雰囲気が続きました。このような家庭環境で岡田先生は人生の矛盾を痛感する様になったと話されています。

岡田先生の家庭環境
亀山雲平先生顕彰碑 松原八幡神社

松原八幡神社境内 亀山雲平先生顕彰碑。

※松原八幡神社は赤松円心公が崇敬した神社です。建武の中興は赤松円心(則村)の挙兵に因るところが大きく、また、足利幕府成立の功は半分以上が彼のお蔭と云っても過言ではありません。

2.岡田先生の思想形成に影響を与えた播磨の自然

 岡田先生が出生された地は、瀬戸内海に面した半漁半農で、広大な塩田がある姫路市白浜村(現白浜町)でした。この村には灘のけんか祭りがあり、先生は村祭りが好きで待ち焦がれて、山野で花鳥と戯れ、海で遊泳し、川の蟹と戯れ、春夏秋冬の織りなす自然の饗宴を満喫していたと話されています。先生はこの白浜村の自然が私の思想形成を創ったと話されています。

姫路市白浜町の位置
姫路市白浜町 松原、中村、宇佐崎

仁寿山から臨む灘地区と播磨灘

姫路市白浜海水浴場

白浜海水浴場、奥に見えるのは木庭山

仁寿山中腹から灘地区と播磨灘を臨む

​仁寿山中腹から灘地区と播磨灘を臨む

岡田武彦先生の出生地、姫路市白浜村(白浜町)マップ

姫路市白浜村(白浜町)マップ
松原八幡神社

早朝の松原八幡神社

灘のけんか祭りの三基の神輿 一の丸、二の丸、三の丸

灘のけんか祭りの一の丸、二の丸、三の丸の三基の神輿

姫路城(白鷺城)は心のシンボル

姫路には岡田先生が出生した北西に姫路城(白鷺城)があります。岡田先生は白鷺城の容姿は私の心のシンボルとなっていると話されています。

姫路城 白鷺城 岡田武彦先生の心のシンボル

仁寿山

 白浜町の北方に仁寿山と云う山があります。この山は『論語』から命名されました。文政四年(1821年)、姫路藩藩主・酒井忠実は永年にわたる藩政改革、財政再建の功に報いる為に当時幡下山(はたしたやま)といわれていた山を家老・河合寸翁に与えました。その後、この山は前藩主酒井忠道公の意旨を承け論語の雍也第六の『知者楽水、仁者楽山、知者動、仁者静。知者楽、仁者寿(仁者は寿〔いのちなが〕し)。』から仁寿山と命名されました。

  岡田先生は仁寿山に登り、山頂から明石、家島、小豆島を臨み、心静かに播磨灘を眺めるのが好きだったようです。

仁寿山 論語から命名

写真左手に姫路市街が、山頂から左山麓には河合家墓地と右山麓に

仁寿山校跡の林(赤と白の電力線鉄塔の右)が見えます。

姫路藩 河合寸翁・仁寿山校の紹介
人材は「国家の宝」、未来を創る人材養成学校

河合寸翁(1767~1841)は姫路藩主酒井家の家老で、産業を盛んにして藩の財政を立て直したことで有名です。彼は多年にわたる功績により、藩主から与えられたこの地に、人材養成のための学校を開き、仁寿山校と名付けました。仁寿山校は、文政五年(1822)に開校し、頼山陽など有名な学者も特別講義をしました。

仁寿山校略絵図

​仁寿山南側登山口の仁寿山校略絵図 姫路市教育委員会、姫路市文化財保護協会

仁寿山と大池(西池) 仁寿山校跡

​仁寿山と大池(現在は西池)・池の右奥に仁寿山校がありました。 

仁寿山校

姫路市郷土唱歌

昭和天皇の即位のご大典の記念につくられた、姫路市郷土唱歌です。姫路の歴史をよく表していると思います。 

一、天下に三つの名城と 其の名も高き白鷺城

旭の光さし添へば 雄姿颯爽(ゆうしさっそう)世を葢(おお)ふ

偉人豊臣太閤の 偉業燦(さん)たり千代迄も

 

二、南に続く一帯の 松翠年(しょうすいとし)に色を増し

名も三左衛門の長濠(ちょうごう)に 湛(たた)ふる水の面澄(たもす)みて

名君池田輝政の 壮圖悠(そうとゆう)たり長(とこし)へに

三、仁壽山黌跡訪(と)えば 廃墟空しく月に輝(て)り

昔を語る梅ヶ岡 薫(かほり)の花の香(か)も高く

河合太夫を仰ぐなり 晒(さら)しの布の名と共に

四、王政維新の業成るや 天一日(てんいちじつ)の大義ぞと

版籍奉還(はんせきほうかん)首唱せし 功(いさを)かぐはし酒井侯

剣かたばみの紋と共 語り伝えへん後の世に

五、國(くに)の鎮(しずめ)めの十師団 武勲赫々(ぶくんかくかく)名も高く

寸断血染(ちぎれちぞめ)の連隊旗 勇武の名残(なごり)を留めつつ

響く喇叭(らっぱ)の音色にも 勇往進取の気象あり

六、北には廣峯書寫(ひろみねしょしゃ)の山 梅に其の名の白國(しらくに)や

杖曳(つえひ)く人の増井山 南の内海(うみ)は波静か

治まる御代のためしにて 御祓市川水清(みそぎいちかわみずきよ)し

七、総社十二所本徳治(そうしゃじゅうにしょほんとくじ) 薬師の山に建つ碑文

於菊(おきく)の井戸や姥ヶ石(うばかいし) 残る床(ゆか)しの伝説を

語るに似たり公園の 姫山松は聲立(こえた)てて

八、世界に名を得し姫路革 名も高砂やかちん染め

昔ながらの色に栄え 玉川晒名(たまがわさらしな)も著(いちじる)く

明珍火箸(みょうちんひばし)も古くより 称へられたる名産ぞ

九、錦糸毛糸の紡績や 織物マッチ工場の

煙の雲にうちふるふ 汽笛の音の繁(しげ)きにも

進む市政のしのばれて 我等が意気は揚るなり

一〇、地は中國の要路にて 山舒水緩土肥(さんじょすいかんつちこ)えて

五穀ゆたかに人適(ひとかな)ひ 面積方里人四萬(めんせきほうりひとよまん)

栄えある歴史に彩られ 御代に栄ゆる我が姫路

一一、さはあれ市民(まちびと)心して 自治共同の旗影に

大勅(おおみことのり)かしこみて 殖産興業励みつつ

尚武(しょうぶ)の道もゆるみなく 一つにつくせ國のため

一二、地理の利便に相応じ 歴史の跡に鑑みて

既に備はる錦上に いで花添へん諸共に

郷土を愛する赤心(こころ)もて 更に飾らん市の歴史

 

眞野義彦先生校閲、米野鹿之助先生校閲、姫路市郷土唱歌委員会作 昭和天皇即位のご大典の記念につくられました。

姫路市郷土唱歌

3.人生の矛盾が解けないか糸口を探した旧制姫路高等学校時代

 岡田先生の家庭は貧しかったですが、小学校高等科一年の時にやっと親の許しを得て、難関で名門の姫路中学を受験し合格することができました。受験勉強をし過ぎて健康を害されたそうです。中学四年生の時、高校進学はできない家庭状況だったのですが、高校受験だけは許してもらい受験した結果、見事に合格し、両親も進学を許してくれることになったそうです。学費は中学校と余り変わらず、中学校と同じ自転車通学となりました。以下、できるだけ岡田先生の言葉を忠実に記載し、出来事を要約して箇条書きにします。

敬愛する長兄の死

「親に孝に兄弟に友に」の長兄が結核で大喀血して他界。

読書

高校の図書館で哲学書や倫理書、及び文学書を読み漁った。

禅への興味

 禅、あるいは陽明学の影響がある西田哲学の『禅の研究』の書を読んだが難解であった。

 社会科学専攻の伊豆山善太郎教授は禅に通達しており、居士の資格を持っておられた。先生に直接会って禅にについて話を聞いた。「矛盾や悪を徹底的に見つめてみたまえ」とアドバイスをもらった。

 姫路中学の横田宗直校長は禅僧で偉い人であると聞いて、先生の所に訪問して、禅の事を聴いた。「先ず数息観より始めよ」と教えられたが、長続きはしなかった。

哲学書

和辻哲郎

​ 哲学書で興味を持ったのは和辻哲郎さんだった。和辻さんは、認識論よりも倫理学をよく研究され、姫路中学の先輩で岡田先生と同じく代々医業の家系であった。

自然主義文学

 島崎藤村、田山花袋、国木田独歩などの自然主義文学作品に興味を覚えた。先生の性格は素直であったが孤独を愛し、我が強く、権力や集団圧力には強い反発心を抱いた。

正岡子規

 正岡子規の影響を受け和歌や俳句に興味を持って日記によくそれを書いた。雄渾幽深な和歌や俳句を好んでいた。

肺炎に罹患

 肺炎に罹患し期末試験を受けることができなかったが、一学期の成績が優秀だったのか二年生に進級した。しかし、英語教師の資格は得られなかった。

丹羽教授の授業

 丹羽教授の東洋史は印象的で忘れられない。講義から現象と原理の基本的関係から解釈するようになったが、「原理の神髄は具体的な事象によって把握される」と考えている。

大学進学の苦労

 不景気でもあり、父と次兄は就職をする様に勧めたが大学進学で口論となった。住友本社の渡辺斌衡氏が学資を出すことで九州大学に進学する事になった。人より3年遅れた。

旧制姫路高等学校正門(現兵庫県立大学環境人間学部校舎)

​旧制姫路高等学校正門
(現兵庫県立大学環境人間学部の校舎)

4.進学した九州大学で、生涯師事する学者に出会う

 岡田先生は東大や京大への進学に挫折され、九州下りするのを些か憂鬱な気分になっておられたそうです。入学した法文学部は新設学部で教授内容も教授陣も分からない状態で憂鬱な日々が続いたそうです。以下、大学時代での出来事を箇条書きにしました。

文学で心を癒す

 アララギ派やホトトギス派の和歌、俳句を読み、その源流の古典を読み漁った。

 王朝の物語や日記類、随筆などを片っ端から読み耽った。夏季休暇は帰郷せず図書館に閉じこもった。国文学の講義は実証的研究が中心で、文学は文法中心の解釈で文学論や文芸論の解説はなかった。無味乾燥で憂鬱だった

アルバイトをして

両親に送金

 渡辺氏のご夫妻からは、授業料の他に毎月五十円の送金を受けておられたが、倹約しながら青年学校で数学を教えたり、書店店員に国文の講読をしたり、家庭教師などをして、大学を卒業するまで実家に送金を行った。

在学中に結婚

 岡田先生は胃腸が弱く、下痢をして寝込み、同じ下宿先の農学部事務職の女性に粥を炊いてもらった縁から知り合いとなり、結婚をする決意を固めた。

生涯師事する

楠本正継先生

に出会う

 二学期の始めに楠本正継先生の『伝習録』の講義を受けて、非常に感激を覚え、終生のわが師と心に誓った。楠本先生の人格が高潔であったことや悩みが解決できると考えたからである。「播磨聖人」亀山雲平先生の人柄を聞いた事や「白浜聖人」といわれた敬愛する父を見て「大学では学徳兼備の偉大な学者に師事したい」と思っていた。

 楠本先生から『四書』や『荘子』の「斉物論」をしっかり読むように指導を受ける。特に「西洋と東洋の神秘主義を比較して、東洋の神秘主義が如何に秀れているかを実証してみせる」と思ったこともあった。

若き日の

恩師の学風

 二年生のとき、中国哲学、中国文学、東洋史の教授と、学生との合同研究会が開かれた。岡田先生は敬愛し心惹かれた宋学の周濂渓を発表されたとか。
​ 楠本先生は、老子の道についても西洋哲学の方法論で中国の哲学を分析、解明するやり方だった。後に楠本先生もこの方法から抜け出された。

宋明学への興味

 大学時代、楠本先生から聴講した中国哲学は、古代中国史の講義、王陽明の『伝習録』『周易』の購読と、『老子』と載震の『孟子字義疏証』のゼミのみであった。楠本先生の学風を継承できたのは、大学卒業後、絶えず先生に親炙して親しく教えをうけたからではないか。
​ 『伝習録』の講読のときに、この時代の儒学について説明を聴いて宋明学に興味を覚える様になった。周濂渓思想から学び始め、独りでこつこつと宋明学の代表的儒者の書物を読み続け、朱子学を卒論にしようと決めた。

大学の講義

 好んで西洋の哲学や倫理学の講義を聴き、ゼミに参加した。ギリシャ哲学やハイデッカーの講義には心が惹かれた。東洋史の講義で、白和文の梁啓超の『近三百年学術史』の講読で白和文の読解力が養われた。禅と神道の全般教養の無さに痛感。行動心理学、音楽美術、イスラエル宗教史、キップリングの詩などの講義は興味深いものがあった。いろいろな学科の講義を聴いて広く教養を身につける様に務めた。芭蕉の講義では俳論に興味を持った。専門外の講義を多く聴くように務めた。特に西洋の哲学や倫理に興味を持って学び、それらの動向を感じ取ることができ、思想形成に大いに役立ったようである。

学生時代の同僚

友人たち

 楠本先生の一番弟子は岡田先生で、他二人がおり、計三名が同僚であった。一年後に禅僧の僧侶二人が入ってきた。

忘れがたい友人が二人いた。山本氏と本間君であった。自分の性格と違ったタイプに興味があったのと孤独を愛する性質と無関係ではないと思った。友人からマルキシズムの話を聴いたが批判的だった。

母親による就職先の変更

 昭和九年一月十日に卒論の朱子学を提出して、優秀だったのか楠本先生から副手(一年間は無給)になって大学に残らないかと話があり教授会で採用が決定された。しかし、借金を抱え、次兄に気兼ねしていた母親が早く俸給取りにと念願し、富山市の中学校に赴任する事を決めていた。北京の卒業旅行後に知った。

九州大学 門標

九州大学の門標

楠本正継先生 研究室で

岡田武彦先生の恩師 楠本正継先生

大学図書館のイメージ図

大学図書館のイメージ

5.中学教師時代

⑴旧制富山県立神通中学校教師時代

校長の叱責

 昭和九年四月初め、索漠たる気持ちで霙降る薄ら寒い富山駅に降り立った。迎えに来ていた中学校の事務長の案内で神通中学校に向かった。数日後、新任教師の歓迎の宴が催され、酒宴の酣になった頃、校長から「君は、もう一度大学に帰って勉強しなおしてこい」と言われてびっくり仰天して一言も口がきけなかった。原因は、赴任したとき校長の自宅に挨拶に行かなかったことらしい。処世術の不手際がこういうところにも表れた。校長は京大の英文科出身で人柄はしごく良く、懐かしい人だったが、酒癖が悪いので評判だった。

禅寺で参禅

 事志に反して中学校に勤務しなければならなかったので心中鬱々として楽しまなかった。自分の学問のやり方も変えざるを得なかった。漢文大系を購入し、それを本にして古代の中国思想の研究をして論文を書いては恩師に送って批判を仰いだが、手元に資料がないので実証的な研究はできなかった。その頃は特に老荘思想を研究した。

 氷見の臨済宗総本山の官長・勝平老師が月に一回、富山市に出張して提唱すると聞いて早速参禅した。老師は柔和な顔をしておられたが提唱のときは音吐朗々と漢詩を読まれるので、それを聞いただけでも悟りが開ける思いがした。参禅した時は『碧巖録』の提唱をしていた。「ここのところは坐禅して悟りなさい」といわれるのが常であった。「自分は禅をやっても、とても見込みはあるまい」と思うようになった。結局、参禅はしたが効果は上がらなかった。その理由の一つは禅と老荘を超克して古代の儒教を止揚し、それによってこれらを批判した宗明の新儒学に心をよせるようになっていたからである。

 学校から帰宅すると、すぐ二階に上がって専門の学問をするようにし、日曜日でも子の遊び相手もせずにひたすら机に向かった。家内の不興をかった。

周濂渓を慕う

 富山時代、主に『国学基本叢書』の『宋元学案』『明儒学案』、特に『明儒学案』を読み返して明代の儒学に親しんだが、やや隠逸の気風のある北宋の周濂渓の人柄と処世術に、益々心を動かされるようになっていた。伝記によると濂渓の部屋の前には草が茫々と生えていた。ある人が「なぜそれを刈り取らないのですか」といったところ、「わが意と一般(同じ)」といったという。濂渓は窓前の草を見て、わが心中にある天地の正意を看取したのであろう。

 濂渓は蓮を愛した。蓮は泥沼の中から中空の茎を真っ直ぐに上に出し、さざ波に洗われながら清浄の香りを放つ蓮花が好きであった。「世間の人は牡丹を愛し、陶淵明は菊を愛し、自分は蓮を愛する。牡丹は富貴の花であり、菊は隠者の花であり、蓮は君子の花である」といった。また、「人は無欲であれば心は静かになる。そうなれば行いは自然に正直公平になる」ともいった。また、処世術は巧より排の方を貴んだ。彼のように排を高く評価し、これを高尚なものに仕上げた思想家は少ない。そこには何故か、晋の陶淵明に相通ずるところがあるように思われる。

※①巧拙:上手下手の意
※②周濂渓(周敦頤)の号濂渓は廬山蓮花峰のふもとに構えた濂渓書堂に由来。
※③フィロソフィーはギリシャ語のフィロソフィア(知恵を愛する)から由来する。
明治新政府の要人、西周(にしあまね)は周濂渓の「士希賢」(士は賢をこいねがう)に倣い賢哲の明知を愛し希求する学と訳し、「哲学」と定めた。後に文部省はこの訳語を採用した。

西周は津和野藩(1829)生まれの藩医の子でオランダのライデン大学を卒業している。明治初期を代表する思想家で西洋学問の先駆者であり、明治新政府の近代軍制の整備に努める要人であった。哲学・科学関係の言葉は西が考案した訳語が多くある。

※②、③はコトバンクより引用・要約

 
IMG_2316.JPG

​姫路市・仁寿山の近くにある蓮田の花

富山の風土

 住民の気質や物の考え方はその土地の風土と密接な関係があることを、四年間の富山生活で痛感した。富山は「一年の中で晴天は二十日ほどしかない」といわれるくらいであり、冬は殆ど毎日曇天で、ときには激しい吹雪に見舞われた。こういう土地柄であるから、生徒は忍耐強く沈静的であるが、一面、陰気で明朗さに欠けるところがないではなかった。当時、他の地方では殆ど見ない現象であったがこの地方の中学生はときどきストライキを起こした。春の頃、日本晴れの日に授業を中止して呉羽山に遠足させた。そうしないと、上級生が三々五々集まってストライキを起こすからであった。この辺の呼吸を弁(わきま)えていないと生徒指導はできない。

私の授業

 一年生には日本史、二年生に東洋史、一、二、三、四年生に修身を教えるのが私の仕事だった。一年生の「日本史の神話を教科書通りに歴史事実のように教えるのは間違いである」と思い、古代の歴史を考古学、民俗学的立場から教え、神話は民族の精神を述べたものとして教えた。唯物史観には賛成できなかった。歴史事実は民族精神と一体とするところに真の歴史学があると考えていたが、一年生に理解させるには無理であった。授業に疑問を持つ生徒がいて、小学校長をしていた父親に話したものがいたらしく、左翼思想家であると誤解を受けて、校長から注意を受けた。歴史は精神と事実の二つから理解するように重ねて説明した。私の東洋史の授業は生徒にとって難しかったようである。修身の授業は、特に下級生の場合、非常に困惑した。上級生には多少倫理学を述べることができるので、さして困惑を感じなかった。

 昭和十一年、二・二六事件が勃発。翌年、日支事変が勃発した。「いずれ自分も招集されるだろうから、あらかじめ覚悟しておかなければならない」と思った。

家族の病気

 神通中学校に赴任して、二か月後、長女が疫痢に罹患し入院した。一時は危篤状態に陥ったが家内の血を輸血して生命だけは助かった。しかし、病後がはかばかしくなく、看護婦の経験がある大家の老母の助言で、西洋芥子の行水をさせて腹部を温めてから腹部のガスがよく出るようになり、生命を取り留めた。

 その後、次女が生まれたが、自家中毒に罹って医者通いが絶えなかった。

 私の胃腸も富山に来てからだんだん悪くなり、いつも胃からガスが出通しであった。しかし、若かったせいか生徒と一緒にマラソンをする気力はあった。

 家内も次女を出産してから悪性の流感に罹患し肺を悪くし、微熱が出る様に

なった。絶対安静を家内に行ったが健康であった彼女は応じてくれず、病状は徐々に進行していった。

 私の胃腸病もだんだんひどくなり、家内ともども自滅するかもしれないと、思い、医師に相談した。医師は「気候のよい地に転任するより他ない」とのことであった。当時は日本国中に不景気の嵐が吹いていた。やっとのことで宮崎県の延岡中学に転任することができた。

祖母と父の死

 私が九大に入学した翌年、次兄は音楽教師として岡山市の南西にある女学校に、両親と祖母を連れて転任した。次兄には子供が二人いて、大家族を養って行かなければならなかったので家系は窮屈であったのかもしれない。父は次兄に肩身が狭い思いをして暮らしていたようである。父は飲みたい酒を飲まずに我慢していたらしい。次兄はしごく几帳面で、肉親にもに対してもそれを強いるところがあった。それが情の強さを感じさせるところであった。

 父が郷里に戻ったとき、村の人たちが同情して大いに酒を振舞ったらしく、禁酒しているところに大量の酒を飲んで、父は中風になった。祖母は私が富山に赴任した翌年、一言も喋らず他界した。父は老母を見送って一か月後他界した。

思い出の教え子

 私は数々の思い出を心に抱きながら富山を去った。昭和十三年の三月、教え子たちに見送られながら懐かしい富山を後にした。

 私と唯一深い因縁のある者がいた。それは元警察庁刑事局長、高松敬治君であった。彼は私が担任したクラスの生徒とではなかったが、私の東洋史の授業を聞いて心に感ずるところがあったらしく、たびたび私邸に来遊するようになった。私は彼が家庭のことで悩んでいる事を知った。私も同じ年頃に家庭の事情から心に悩みを持った経験があったので、彼の気持ちが身に染みて感じられた。

 高校に進学してから更に彼の悩みは深刻となり、彼に旅をさせて解決の糸口が見つかるかもしれないと考え、夏休暇を利用して延岡に来る様に勧めた。彼は喜んで延岡の私を訪問した。彼を高千穂峡や五ヶ瀬川や日向灘の海岸に案内しながら人生、社会の問題、学問の問題を話し合った。彼は延岡から郷里に帰るとき、四国の知人を訪問し、奈良に遊んで郷里に帰ったが、その時の感想を手紙に書いて寄こしたりした。彼の手紙によると、汽車が郷里に近づくにつれて胸のときめきを覚えたという。彼にとってはわが家は必ずしも楽しいところではなかったはずであったが、しばらくの間であってもそこを離れてみれば、家庭もまた懐かしく感じるのであった。そこで私は、彼への返事の中に、ドイツ語で、「母は古郷なり、古郷は母なり」と書いて送った。私は旅によって彼の気持ちが和むように望んだ。旅はうまくゆけば心の憂鬱を癒す最良の清涼剤であることを、私は信じて疑わなかったからである。

3426291_m.jpg

​崇高で厳粛美を持つ冬の立山連峰

​日本三大急流の一つ神通川

富山の鱒寿司

​継続制作中

参考書籍・資料(要約部分は頁を記載)

岡田武彦述『我が半生・儒学者への道』 福岡県小郡市「思遠会」 1990.11.22

​・岡田武彦先生の写真は​、この書籍でコロンビア大学教授・ロドニー・テーラーが撮影されたものを掲載。

・日本の学友協力で王陽明遺跡探訪と王陽明の遺跡修復、及び記念碑の建立、そして中国の学者との交流​、及  

び成人教育責任者との交流の写真をこの書籍から掲載。 思遠会の金山美代子氏より掲載許可了承済です。

※岡田先生の言葉をできるだけ忠実に記載し、出来事を要約して箇条書きにします。

1.「青年期に世の中の矛盾を考える様になる」は「第一章 ふるさと」pp.11-49と「第二章 自然を友に」 

pp.51-81から岡田先生と家族に関する内容を要約。

2.「岡田先生の思想形成に影響を与えた播磨の自然」は「第二章 自然を友に」pp.51-81から岡田先生に影響を

与えた内容を一部取り上げ要約。写真は現地にて撮影。

仁寿山と仁寿山校

「頼山陽の姫路観と仁寿山校の教育」島田清 著 兵庫県教育研修所 1969、

『姫路藩の藩老 河合寸翁伝』穂積勝次郎 著 1972

『論語新釈』宇野哲人 著 講談社文庫 1980

3.「人生の矛盾が解けないか糸口を探した旧制姫路高等学校時代」は「第三章 高校生時代」pp.83-115か

ら中項目のテーマを取り上げ、小項目を要約。※旧制姫路高等学校の写真は追悼文集から掲載。

4.「進学した九州大学で、生涯師事する学者に出会う」は「第四章 大学生時代」pp.117-157から中項目のテ

ーマを取り上げ、小項目を要約。※九州大学関連の写真は追悼文集から掲載。

5.「中学教師時代 ⑴旧制富山県立神通中学校教師時代」は「第五章 中学教師時代 一」pp.159-183から中項目を取り上げ、小項目を要約。

※イメージ写真はphotoAC(著作権有り)より購入したものを掲載

福田 殖 著「岡田武彦先生の生涯と学問」学術雑誌論文 2004.12.25 九州大学付属図書館 九大コレクション

岡田武彦 著「わが生涯と儒教―体認の学を求めて―」 1995.9.21 台湾国立中央研究院にて

岡田武彦 著『簡素の精神』 致知出版社 1998

岡田武彦 述 佐藤栄子 記「簡素の精神 日本人を日本人たらしめるもの」致知1996-8 

岡田武彦先生追悼文集刊行会 事務局代表 森山文彦 発行『光風霽月―岡田武彦先生追悼文集』平成十七年(2005)十月十七日 (主な役職・称号などはp.683から引用)

bottom of page